夏場よりもむしろ冬場のほうが、蒸れやすいのです。というのは、厚着をしているからです。で、ムレてくると股間がかゆくなるので、これは本当に辛いものがあります。冬の場合、スボンの下にタイツを履いたりすることが有るので、ちょっと暑くなったり、動いたりして汗をかくと、どうしてもかゆみがあります。

なので、朝出かける前に、股間、とくに私の場合は、足の付根ですが、そこがむれてしまいますので、ベビーパウダーとかフルコートを塗っています。

場所が場所なだけに、人前でぼりぼりとかくわけにはいきませんからね。

ベビーパウダーとかフルコートを塗り続けていると、やがて痒みはおさまるので、何日かしたら、塗るのを辞めてしまいます。そうして、また数日経つとまたかゆくなったりします。

 

本当に困ります。

私は大学生の時から下半身の包茎の悩みがありました。最初に包茎での悩みを感じたのが最初に出来た彼女との出来事からでした。付き合ってから1ヶ月ほどで、いい雰囲気になり、行為をしようとした時に彼女が私の下半身を見た時に包茎という事で、失笑されたことが原因でした。特に気にしてはいなかったのですが、それから自身の下半身の包茎にとても嫌に思う様になり、コンプレックスとして感じる様になりました。それから銭湯などの公共の場では、同性同士でも下半身を見せたくない気持ちが強く、いつもタオルで隠していました。男性的にも大きく自身を失いましたが、ネットなどで改善方法を調べて下半身に絆創膏を貼って試したり、食生活もタンパク質を中心に摂る様に心掛けました。包茎手術をする事も考えたのですが、学生の頃は手術費用に使うお金もなく両親にも恥ずかしさから相談出来ずにいました。絆創膏を下半身に貼り皮を剥けている状態を癖つける方法は効果はありましたが、毎日継続して行わなければいけない手間があり、長くは出来ませんでした。私自身、包茎で彼女に失笑されてから、自身がなくなり恋愛に奥手になってしまうほどの影響がありました。社会人になった今では、さすがにこのままではと思い、包茎手術を行いました。

→ 包茎 大阪  包茎手術はコチラのクリニックがいいですよ

今ではもっと早くしておけばよかったとおもうほど、快適です。